「呂律が回っていない人」についてコンビニ店員が紹介|コンビニのお仕事と求人の大全集

「呂律が回っていない人」についてコンビニ店員が紹介

選択されているタグ

投稿日時:2015年6月22日

呂律が回っていない人とは

この呂律が回っていないというのは、少しだけ舌足らずの人のことを指しています。この舌足らずの人と話しても話を聞いている側は、聞き取りにくいし理解がし辛いのが特徴です。この呂律が回っていない人というのは、勘違いされやすいので少し可哀想な気もします。しかし、可愛そうでない呂律が回っていない人もいるので、それを従業員は見極めなければなりません。それは、お酒に酔って呂律が回っていない人のことです。このお酒に酔って呂律が回っていない人は、接客対応もしっかりとしなくてはいけないのです。店内で転ばれたり他のお客様と揉めたりしたのであれば店側の責任問題になりかねるからです。

 

実際接客してみて難しかった事

この呂律が回っていない人を接客した時は本当に疲れました。外国ではないので販売はしましたが店外で継続して飲酒されていたらと考えたらゾッとします。会計の時もお金の支払いが自然ではなかったので購入するのを拒否しようかとも思ったのですが、拒否したことで暴れられたらと考えて販売したことがありました。

 

呂律が回っていない人にはこうやって対応すればOK

普通に呂律が回っていない人は、ゆっくりと対応すれば問題はありません。飲酒で呂律が回っていない人には販売を拒否しても問題はありません。仮に拒否した時にその人が襲ってきたリする可能性もないとは言えませんのでしっかりと距離感を保ちながら忠告する事にしましょう。

Copyright © コンビニのお仕事と求人の大全集 All Rights Reserved.