「商品を取りに行かない人」についてコンビニ店員が紹介|コンビニのお仕事と求人の大全集

「商品を取りに行かない人」についてコンビニ店員が紹介

選択されているタグ

投稿日時:2016年1月12日

「商品を取りに行かない人」とは

レジに来て、商品名を告げるだけの人がいるんです。主語も何もありません。文にもなってはいません。本当に、商品名だけ。つまりは、レジ店員に「取ってこい」ということらしいんですよね。で、それに対して「○○にありますよ。」と伝えると、どなり散らす。「接客がなっとらん」「上にクレームを入れるぞ」などと……。いや、コンビニはそんな所じゃないですから。とはいえ、煮えくりかえる気持ちを押さえて、商品を取りに行きレジを通して……お帰り願う。本当に大変なんです。コンビニ店員って。

実際接客してみて難しかった事

商品を取りに行かない人って、年配の方に多いんですよね。コンビニをデパートか何かだと勘違いしているんでしょうか。でも、こんな人に説明したって分からないですからね。店員の方が大人になるしかないです。

こんな人にはこうやって対応すればOK

とりあえず、それなりの対応をして、あとは店長や他のスタッフに「要注意人物」として報告。それしか方法は無いと思います。ま、要注意したって、どうこうできるわけでもないんですけどね。

私が働いていたコンビニ紹介。

コンビニを理解できてないお客さまが、トラブルを起こす……という感じの地域に立地していました。そう、ご年配の方が多く住む町だったんで。でも、学生の多い所だと若い子特有のトラブルがあるそうなんで、店それぞれに悩みがあるわけで、これは働く身としては仕方のないことなのかな~って思っています。

Copyright © コンビニのお仕事と求人の大全集 All Rights Reserved.